ヤマト、宅配便ロッカー5000カ所設置 仏社と合弁で22年までに

2016/5/11 20:19
保存
印刷
その他

 ヤマト運輸とフランスの郵便機器製造大手のネオポストは11日、日本で2022年までに宅配便の受け取りロッカーを5000カ所に設置すると発表した。駅や商業施設など外出先で荷物を引き取れるようになる。ヤマト以外の宅配便の荷物も預かる仕様とし、佐川急便や日本郵便に共同利用を呼び掛ける。

 ヤマトが49%、ネオポスト子会社が51%を出資し、合弁会社のパックシティー・ジャパン(東京・千代田)を設立した。当面は再配達の荷物を扱い、都合の良い場所のロッカーを指定して荷物を引き取ることができるようにする。将来はインターネット通販の初回の配達先にも対応する。

 6月からの1年間で東日本旅客鉄道(JR東日本)の駅の約100カ所にロッカーを設置。他の鉄道駅やコンビニエンスストアなどにも広げる。

 ほかの宅配業者にはレンタル料を設定し、ロッカーを開放する。15年に試験導入した東京メトロの5駅では佐川急便が共同利用している。宅配ロッカーは日本郵便も20年までに1000カ所に設置する計画だ。

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 23日 6:25
23日 6:22
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報