オバマ大統領、再就職先は弊社に スポティファイが求人広告

2017/1/11 11:52
保存
印刷
その他

 1月20日に任期を終えるオバマ米大統領に早くも「次の仕事」の提案が舞い込んだ。10日夜(現地時間)の退任演説を前に、スウェーデンの音楽配信大手のスポティファイが「最低でも8年間にわたって名高い国家を率いてきた職務経験を持つこと」など、オバマ氏しか当てはまらないような応募要件の求人広告を自社のホームページで公開した。退任するオバマ氏へのはなむけのメッセージとしてユーモアを交えて掲載した。

 求人広告では、「President of Playlists(プレイリスト担当のプレジデント)」という新設のポストを用意したと銘打った。「卓越した職業倫理や友好的で温かい態度、ノーベル賞」を持ち、「世界的なリーダーシップ」のある人に応募を呼びかけた。オバマ氏が2008年の大統領選の勝利宣言で「変化(change)」と「希望(hope)」を訴えかけたのにちなみ、同社は「希望に満ち、常に変化できる組織だ」と紹介している。

 オバマ氏は在任中に自身がスポティファイで選んだお気に入りの曲のプレイリストを折に触れて公開しており、今年に入ってからも「退任後はスポティファイでプレイリストを作る仕事をしたい」などと冗談を言っていた経緯がある。

 スポティファイのダニエル・エク最高経営責任者(CEO)はツイッターを通じてオバマ氏に「当社の仕事に興味があるそうですが、こちらの求人は見ましたか?」と呼びかけた。

 オバマ氏は退任後のキャリアについて、「次世代のリーダーを育てることが最優先」と表明しているが、詳しい予定は決まっていない。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

米国政府Spotifyバラク・オバマ求人広告広告再就職先

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
23日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:01
北陸 6:03
6:02
近畿 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報