MRJ、初飛行に成功 受注拡大に弾み

2015/11/11 9:42 (2015/11/11 11:13更新)
共有
保存
印刷
その他

初飛行で離陸する「MRJ」(11日午前、愛知県営名古屋空港)
画像の拡大

初飛行で離陸する「MRJ」(11日午前、愛知県営名古屋空港)

 三菱航空機(愛知県豊山町)の国産ジェット旅客機「MRJ」の試験機が11日午前、愛知県営名古屋空港から飛び立ち、太平洋側の遠州灘の上空を航行して、同空港に着陸した。初飛行に成功したことでMRJの開発は完成に向けて大きく前進する。

 日本メーカーが民間旅客機の主翼や胴体まで丸ごと開発するのは1962年に初飛行した「YS―11」以来、半世紀ぶりとなる。

 試験機は午前9時20分ごろ、駐機場から滑走路にゆっくりと移動した。三菱航空機社員や航空会社関係者が見守るなか、午前9時半すぎに離陸。同11時すぎに同空港に着陸した。

 MRJは座席数が70~90席で、近中距離の地域間運航に適した「リージョナル・ジェット機」と呼ばれる。初飛行後に購入を計画する航空会社もあり、受注拡大にも弾みがつきそうだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

MRJ県営名古屋空港三菱航空機

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 21:42
21:40
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
21:24
21:20

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報