インテルやトヨタなど、「つながるクルマ」で連携

2017/8/10 23:08
共有
保存
印刷
その他

 米インテルやトヨタ自動車など7社は10日、コネクテッドカー(つながるクルマ)の実現に向けてコンソーシアムを創設すると発表した。コネクテッドカーは走行中に膨大な量のデータを送受信する。各社が培った技術や知見を持ち寄り、大容量通信技術などの研究を進める。世界規模でコネクテッドカー開発の主導権争いが過熱してきた。

 創設するのは「オートモーティブ・エッジ・コンピューティング・コンソーシアム」。インテルやトヨタのほか、スウェーデンのエリクソンやデンソーNTTなどが参加する。他の企業や研究機関にも参加を呼びかけていく。

 コネクテッドカーは通信を介してインターネットなどに接続する機能を備えた車。道路を走る車からの情報をもとに盗難車両追跡システムや、より精度の高い目的地へのナビゲーションなどのサービスを提供できる。

 送受信されるデータ量は、2025年には現在の約1万倍に増えるとの予想もあり、インフラ整備が課題となっている。コンソーシアムでは、膨大なデータを効率的に通信する技術や処理方法を共同研究していく。

 コネクテッドカーを巡っては、トヨタは米フォード・モーターなどともコンソーシアムを創設している。車載端末とスマートフォンを安全に連携させて使う「スマートデバイスリンク(SDL)」という技術の国際標準化を目指す。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
10:45更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報