中部の国立5大学、VBファンドでタッグ 名古屋大や三重大

2015/10/6付
共有
保存
印刷
その他

 名古屋大学など中部地方の5つの国立大学法人と日本ベンチャーキャピタル(東京・千代田)は6日、共同でベンチャーファンドを創設すると発表した。5大学が連携して研究成果を育成し、大学発ベンチャー企業の立ち上げをめざす。複数の大学が関わるベンチャーファンドは珍しい。

 参加するのは名古屋大、名古屋工業大、豊橋技術科学大、岐阜大、三重大。ファンドは日本ベンチャーキャピタルが来年3月末までに設立し、運営する。投資規模は総額20億円以上で、中部の企業や金融機関から出資を募るという。

 投資先は、5大学の研究成果に基づくベンチャーや5大学出身者が創設したベンチャーが対象になる。中部が得意とする製造業に関わる技術を中心に医療やバイオなど幅広い分野から選ぶ。

 5大学はファンドには出資しないが、研究成果の開示などで協力する。起業家を育成する講座も開設する。同日記者会見した名古屋大の松尾清一学長は「既存の枠組みとは異なり、5大学が組織的に取り組むことで成果を上げたい」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:00
14:30
北陸 7:00
7:00
関西 7:01
7:01
中国 7:00
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
8:07
21日 21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報