アジア最新ニュースの掲載を始めました

アジアフラッシュ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インドネシア・MAPボガ、21日に株式を新規上場

2017/6/19 20:01
共有
保存
印刷
その他

 ■MAPボガ・アディプルカサ(インドネシアの飲食店運営) 6月21日に株式の1%を新規上場する。1株1680ルピア(約14円)で売り出し、372億5000万ルピアの調達を目指す。時価総額は2億8000万ドル(約311億円)となる見込み。

 小売り大手ミトラ・アディプルカサの子会社で、コーヒーチェーン「スターバックス」などをインドネシアで運営する。

 上場する株式が全体の1%にとどまるのは、米プライベート・エクイティ・ファンドのジェネラル・アトランティックと昨年11月に結んだ協定による。MAPボガは7250億ルピア相当のゼロ・クーポン転換社債をジェネラル・アトランティックの一部門に発行した。この社債は新規上場の際にMAPボガの株式19.9%に転換される。

 インドネシア証券取引所に上場する企業は、少なくとも株式の7.5%を公開しなければならない。MAPボガによれば、ジェネラル・アトランティックは一般株主に分類されるためこの条件を満たすという。

 ミトラ・アディプルカサの広報責任者フェティ・クワルタティ氏は「今が株式新規公開に最も適した時期だ」と話した。主要株価指数のジャカルタ・コンポジット・インデックスは年初来9%上昇している。

 MAPボガはスターバックスの他、「ピッツァ・エクスプレス」、「クリスピー・クリーム・ドーナツ」、「コールド・ストーン・クリーマリー」、「ゴディバ」の計5つの海外飲食店ブランドを国内20都市で300店以上展開している。ミトラ・アディプルカサの百貨店部門は苦戦しているが、飲食店事業の業績は大きく伸びている。2016年のMAPボガの売上高は前年比23%増の1兆6200億ルピア、純利益は同43%増の1150億ルピアだった。

(ジャカルタ=鈴木亘)

アジアフラッシュをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

アジアフラッシュ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アサヒグループHD、ミャンマーで販売拡大

 ■アサヒグループホールディングス ミャンマー市場向けに開発したエネルギー飲料「ハニーゴールド」の販売を拡大する。ヤンゴン市内で商品説明会を開催し、国内750カ所以上で試飲会を実施する計画を明らかにし…続き (6/23)

サムスン、IoT向け半導体量産

 ■サムスン電子(韓国) あらゆるモノがネットにつながる「IoT」専用の半導体の量産を始めると発表した。高性能の演算とデータの入出力といった複数の動作を1つのチップでこなせるようにした。
 新製品を冷蔵…続き (6/23)

=ロイター

ロイター

スナップディール、合併交渉に少数株主異議

 ■スナップディール(インド電子商取引大手) 最大手フリップカートとの合併交渉に少数株主の異議が出た。IT(情報技術)サービス大手ウィプロの創業家の投資会社も少数株主の権利を主張しているという。
 現地…続き (6/23)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]