アジア最新ニュースの掲載を始めました

アジアフラッシュ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

香港・東亜銀、中国本土の不良債権拡大で33%減益

2017/2/17 20:52
共有
保存
印刷
その他

 ■東亜銀行(香港の地場銀行大手) 17日発表した2016年12月期決算で純利益が37億香港ドル(約540億円)と前の期比33%減少した。中国本土で不良債権の拡大が続き、中国現地法人の業績が赤字に転落したのが響いた。

 12月末時点で中国本土向け貸し出しに占める不良債権比率は2.87%と、1年前に比べ0.24ポイント上昇した。ただ不良債権の新規発生は減り始めており「最悪の時期はすでに越えた」と説明している。

 長引く業績不振を受けて、東亜銀は店舗網を再編し約1割の人員を削減するなどリストラを加速してきた。16年から3年間で7億香港ドルのコストを削減する計画に対し、すでに目標の4割相当を達成したとしている。

 東亜銀は14年秋、三井住友銀行向けに第三者割当増資を実施し、同行の持ち分法適用会社となった。アクティビスト(物言う株主)として知られる米ヘッジファンドのエリオット・マネジメントは「不公平な増資で損害を受けた」と訴訟を起こすとともに、業績不振は現経営陣の責任だとして李国宝会長兼最高経営責任者(CEO)らの退陣を求めている。

 李会長は記者会見で自らの引退時期について「取締役会が決めることで、私に権限はない」と語った。(香港=粟井康夫)

アジアフラッシュをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

コストダウン東亜銀行純利益李国宝香港三井住友銀行

アジアフラッシュ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

台湾・宸鴻科技(TPK)の中国工場(福建省アモイ市)

企業提供

台湾のTPK、中国の同業と相互出資

 ■宸鴻光電科技(TPK、台湾のタッチパネル大手) 中国の同業の深圳欧菲光科技と相互に出資することで合意したと発表した。両社は合弁会社を設立して技術開発と販売で協力する予定だ。
 TPKの劉詩亮・最高財…続き (3/24)

ガルーダ航空機

ガルーダ・インドネシア航空、89%減益でも事業拡大

 ■ガルーダ・インドネシア航空 2016年12月期の純利益が前の期比89%減の810万ドル(約9億円)だったことに関し、アリフ・ウィボウォ社長は増便や路線新設のためだと説明した。そのうえで事業の拡大を…続き (3/24)

中国人寿、投資不振で45%減益

 ■中国人寿保険(中国の生命保険最大手) 2016年12月期の純利益は191億元(約3100億円)と前の期に比べ45%減少した。保険販売は底堅かったが、低迷する中国本土の株式市場を反映し投資収益が落ち…続き (3/24)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]