速報 > 株・金融 > 記事

投資用マンション11年ぶり高値 4―6月、海外勢が買い

2017/7/11 12:12 (2017/7/11 12:52更新)
共有
保存
印刷
その他

 ワンルームマンションをはじめ投資用不動産の価格上昇が続いている。関連情報サイト大手が11日発表したマンション1室の価格は4~6月の全国平均で1550万円だった。1~3月に比べて3.8%高く、2006年1~3月以来、約11年ぶりの高値となった。個人や海外投資家の根強い需要が背景にある。

東京都はマンション1室の平均価格が1963万円と2.5%上昇した(東京都心のマンションやビル群)
画像の拡大

東京都はマンション1室の平均価格が1963万円と2.5%上昇した(東京都心のマンションやビル群)

 関連サイト大手の健美家(東京・港)が自社登録物件の情報をまとめた。マンション1室(区分所有)の価格は3年前に比べて2割以上高い。年間賃料を価格で割った投資利回りは7.06%と0.28ポイント低下し、05年の調査開始以降で最低だった。アパート一棟の価格は6505万円と1~3月比0.3%高く、06年1~3月以来の高水準だ。

 すでに高値にある大都市も上昇が止まらない。情報サイト大手のファーストロジックによると、東京都はマンション1室の平均価格が4~6月は1963万円と1~3月に比べて2.5%上昇。大阪府も1.1%上がった。利回りも低水準だ。

 値上がりを支えているのは中国人投資家の購入だ。中古ワンルームマンション買い取り・販売のランドネット(東京・豊島)によると「中国の顧客を抱えた仲介業者への販売がこの半年で増えた」(栄章博社長)。中国は不動産価格の高騰が続いているため、日本の物件は割安に映るようだ。

 個人の需要も根強い。中古ワンルームマンション販売の和不動産(東京・千代田)の仲宗根和徳社長は「老後に備え30~40代が購入するほか、50代以上で相続をにらんで投資する人も多い」と話す。現役世代の場合、マンション1室に投資するのは「年収600万~800万円前後が多い」(オリックス銀行)。

 相対的に価格が安い地方の投資も活発だ。徳島県に住む40代の男性会社員は「東京の投資家が購入する例が増え、県内の投資物件の価格が高くなっている」とこぼす。愛知県の40代の男性投資家は昨年9月に名古屋市内の築10年超のマンション1棟を1億8000万円で購入したという。

 建築コストが高止まりしているため、今後も「投資用不動産の価格はしばらく大きくは下がらない」(りそな銀行)との見方は多い。一方で「金融機関の一部が融資姿勢の引き締めに転じている」(大手銀)との声もある。これまで金融機関の積極的なアパートローン融資が価格を支えてきた面も大きいだけに、引き締めの動きが広がれば価格動向にも影響が及びそうだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 18日 7:01
18日 7:01
東北 18日 7:01
18日 7:00
関東 18日 7:01
18日 7:01
東京 18日 7:01
18日 7:00
信越 18日 7:01
18日 7:01
東海 18日 22:00
18日 21:55
北陸 18日 6:32
18日 6:25
関西 18日 22:49
18日 22:48
中国 18日 6:00
18日 5:59
四国 18日 6:00
18日 5:58
九州
沖縄
18日 21:24
18日 21:20

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報