クロマグロ漁獲規制見送り 日本案など通らず

2016/9/2 13:25 (2016/9/2 13:52更新)
共有
保存
印刷
その他

 クロマグロの資源管理を議論する国際会議「中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)」の小委員会が2日、閉幕した。日本側の提案した漁獲規制措置に対して米国などが反発、採用は見送られ、来年以降に継続して検討する見通しになった。12月に開催するWCPFCの年次会合で目指していた年内の正式決定は難しくなった。

 米国が提案していた2030年までに親魚の資源量を約13万トンにするという長期目標の設定には日本が難色を示した。委員会は資源保護に関して実効性のある規制の合意は得られなかった。

 継続的なマグロ漁獲を目指す日本政府は、生後1年未満の未成魚のクロマグロについて、緊急で漁業規制のルールを提案。漁獲量が13年までの最低水準だった約450万匹を3年連続で下回った場合に発動するとした。環境保護団体などからの批判をかわそうとしたが、発動条件のハードルが高いとして日本案は受け入れられなかった。

 高級すしネタとして人気がある太平洋クロマグロは未成魚の乱獲などで、資源量が低下。1996年に6万1792トンだった成魚の資源量は2014年には1万6557トンになった。

 クロマグロを巡っては国際的な規制強化が進められている。海域ごとに資源管理について議論されており、東太平洋の資源管理を担う「全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)」は14年に15~16年の年間漁獲を4割削減することで合意した。

 WCPFCは日本近海を含む海域でマグロ類などの漁業資源を管理する国際機関。昨年、漁獲規制ルールを導入することで合意した。具体的な内容を詰め、今年、正式に決定する予定だった。

 小委員会は福岡市内で8月29日から5日間開かれ、日米のほか、中国、韓国、台湾など10カ国・地域が参加した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

中西部太平洋まぐろ類委員会クロマグロ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 21:43
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 23:15
22:15
北陸 18:42
7:01
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
21:49
21:47

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報