旧ソ連製パラジウム流通 在庫が枯れる予兆か

2017/2/2 22:49
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 旧ソ連時代に生産されたパラジウムが最近、日本で出回り始めた。重さ約3キロの地金の中央部には旧ソ連国旗のシンボルマークだったハンマーと鎌が刻印され「USSR」の文字。金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎氏は「倉庫の奥から運び出されたような印象」と遺物を表現する。

 パラジウムはガソリン車の排ガス触媒のほか、虫歯を削った後の穴を埋める歯科材料にも使う身近な貴金属。貴金属会社、石福金属興業(東京・千代田)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップ速報トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報