スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

高安、「覚悟」実った大関昇進 連敗に悔しさも

2017/5/28 21:08
共有
保存
印刷
その他

 笑顔の大関昇進とはいかなかった。高安は両腕をきめられ、照ノ富士に最後は力ずくの小手投げで裏返された。13日目に大関の座を決定的にしてから痛恨の2連敗。だが、三役で計34勝を挙げたこの3場所の進撃を考えれば、堂々と胸を張っていい昇進だろう。

照ノ富士(右)を攻め込む高安

照ノ富士(右)を攻め込む高安

 取組直後は支度部屋で眉間にしわを寄せ、無言を貫いた高安だが、時間とともに昇進の喜びを口にした。「全体的には内容はわりとよかった」「(15歳で)入門したときには想像できなかったし、信じられない。当時の自分はびっくりすると思う」。新弟子時代は将来を嘱望されたわけではなく、実際に部屋から何度も逃げ出した。

 三役昇進後も4年近く足踏み。初の大関とりとなった昨年九州場所は負け越した。挑戦が振り出しに戻って目が覚めた。「もう一度、一から積み重ねてやってやろうと、覚悟を決めた。悔いを残したくないという気持ちで一日一日取り組んだ」

 先代師匠の故・鳴戸親方(元横綱隆の里)は「悔いを残すな。後ろ指をさされるようなことをするな。日々稽古するのが我々の仕事だ」とまな弟子に繰り返し説いてきた。師匠の教えを守り、高安は再び稽古場で地力と自信をつけた。覚悟が実った大関昇進だった。

 2場所連続で優勝争いに絡んだものの、賜杯は遠かった。高安は言う。「一つ星を落とすことで優勝から遠ざかる。(一番一番が)どれだけ大事か、すごく感じた」。手応えと悔しさを胸に、今度は初優勝を目指していく。(金子英介)

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

大相撲相撲高安照ノ富士鳴戸親方覚悟

相撲 一覧

 大相撲の横綱白鵬が左膝痛のため、夏巡業を13日から離脱すると、日本相撲協会の玉ノ井巡業部副部長(元大関栃東)が12日、明らかにした。「膝の調子が悪く治療をするということだった」と説明した。
 東日本大 …続き (12日 22:32)

合流した夏巡業で、横綱土俵入りを披露する横綱稀勢の里(10日、茨城県日立市)=共同

 大相撲の夏巡業が10日、茨城県日立市で行われ、けがのために2場所連続休場中で巡業も休んでいた横綱稀勢の里が合流した。1月の横綱昇進後では初めての巡業参加で、ご当地茨城県のファンの温かい声援を浴び「し …続き (10日 17:55)

青山学院大で行われた大相撲の夏巡業で、土俵入りを披露する横綱白鵬関(8日、東京都渋谷区)=共同

 大相撲の夏巡業が8日、東京都渋谷区の青山学院大の構内にある青山学院記念館で行われ、キャンパスでの異例の興行はほぼ満員の約4700人の来場で盛り上がった。
 大学のレスリング部員が関取衆に挑戦したり、禁 …続き (8日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]