スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

琴奨菊が初優勝 日本出身力士10年ぶり

2016/1/24 17:14
共有
保存
印刷
その他

 大相撲初場所千秋楽は24日、東京・両国国技館で行われ、大関琴奨菊(31、本名菊次一弘、佐渡ケ嶽部屋)が14勝1敗で初優勝を飾った。日本出身力士の幕内優勝は2006年初場所の大関栃東以来10年ぶり。

初優勝を決め、賜杯を受け取る琴奨菊(24日午後、両国国技館)=写真 小高顕

初優勝を決め、賜杯を受け取る琴奨菊(24日午後、両国国技館)=写真 小高顕

 単独トップで千秋楽を迎えた琴奨菊は、豪栄道との大関対決を突き落としで制した。

 琴奨菊は福岡県柳川市出身。相撲留学した高知・明徳義塾高校から佐渡ケ嶽部屋に入門し、02年初場所で初土俵を踏んだ。05年初場所で新入幕、11年秋場所後に大関に昇進した。

 大相撲の幕内優勝は06年初場所の栃東を最後に、白鵬の35回を筆頭にモンゴルなど外国出身力士が独占してきた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

関連キーワードで検索

琴奨菊菊次一弘栃東大相撲白鵬豪栄道初場所

相撲 一覧

 大相撲春場所で劇的な2場所連続2度目の優勝を果たした横綱稀勢の里関が、左上腕部の筋損傷で加療1カ月と診断されたことが29日、日本相撲協会関係者の話で分かった。4月2日から始まる春巡業を休場し、当面は …続き (29日 12:35)

夏場所の新十両が決まり、双子の兄の貴公俊(左)と笑顔を見せる貴源治(29日、京都府宇治市)=共同

 日本相撲協会は29日、エディオンアリーナ大阪で大相撲夏場所(5月14日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、ホープの貴源治(19)=本名上山賢、栃木県出身、貴乃花部屋=の新十両昇進を決めた。
 貴乃 …続き (29日 10:49)

 大相撲春場所で左肩付近の負傷を押して強行出場し、13勝2敗で劇的な2場所連続2度目の優勝を果たした横綱稀勢の里関(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が千秋楽翌日の27日、大阪市港区の田子 …続き (27日 19:43)

ハイライト・スポーツ

[PR]