3人の遺伝子持つ子供誕生 米医師ら
生命倫理巡り議論も

2016/9/28 11:05
共有
保存
印刷
その他

 【ワシントン=川合智之】英科学誌ニュー・サイエンティストによると、米ニューヨークの不妊治療病院の医師らが遺伝的な難病の治療を目的に、3人の遺伝子を持つ子供を誕生させていたことが明らかになった。子供を誕生させることが目的ではない同様の研究計画は検討されていたが、実際に子供が生まれたのは初めてとみられる。生命倫理などを巡って議論を呼びそうだ。

画像の拡大

 担当したのはニューホープ不妊治療センターのジョン・ザン医師ら。両親はヨルダン人で、4月に男児が誕生した。健康状態は良好という。

 母親には「リー症候群」という遺伝する神経系障害があり、これまで流産をくり返していたほか、出産した2人の子供を亡くしていたという。

 原因遺伝子は細胞の中のミトコンドリアという部分のDNAに存在するため、母親の卵子の核を別の女性の卵子に移植し、父親の精子と受精させ、母親の体内に戻した。男児は核は両親のDNA、ミトコンドリアは提供者の女性のDNAを受け継いだ。米国では認められていない治療のため、規制が未整備というメキシコで実施した。

 同様の疾患を持つ親にとって朗報となる可能性がある。米生殖医学会のオーウェン・デービス会長は27日、「生殖医学にとって重要な進展だ」とする声明を発表した。ザン医師は10月に米ユタ州で開く同学会の会合で治療の詳細を発表する。

 一方で、こうした技術は子供に希望通りの外見や能力を持たせる「デザイナーベビー」に応用される恐れもある。同様の治療を生命倫理上認めてよいのか、子供の親は誰なのかといった社会制度面の課題が今後出てきそうだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 24日 12:10
24日 1:16
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 24日 23:40
24日 23:30
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
24日 21:50
24日 21:48

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報