将棋連盟会長「つらい思いさせ申し訳ない」 三浦九段に謝罪

2016/12/27 18:10
共有
保存
印刷
その他

 将棋の三浦弘行九段(42)が対局中にコンピューターソフトを不正使用したと疑われた問題で、日本将棋連盟の設置した第三者委員会が「不正の証拠はない」と結論づけたことを受け、同連盟の谷川浩司会長らは27日夕、都内で記者会見し、三浦九段側に謝罪した。

 谷川会長は連盟が三浦九段に科した出場停止処分について「つらい思いをさせてしまったことは本当に申し訳ないと思っている」と謝罪。三浦九段への経済的な補償も検討するとし、「真摯に話し合いたい」と述べた。自身を含む連盟執行部を減給処分にする方針も明らかにした。

 一連の対応で反省すべき点としては、スマートフォンを対局前に預けるといった電子機器の取り扱いに関する規則づくりが遅れたことを挙げた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

三浦弘行谷川浩司日本将棋連盟

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 13:47
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報