中教審、「専門職業大学」を答申 19年度開設へ

2016/5/30 10:42
保存
印刷
その他

 中央教育審議会(会長・北山禎介三井住友銀行会長)は30日、実践的な職業教育を行う新しい高等教育機関として「専門職業大学」(仮称)を制度化するよう馳浩文部科学相に答申した。企業での長期間の実習などを義務付け、観光やIT(情報技術)、農業など成長分野で即戦力となる人材を養成する。2019年度の開設を目指す。

中教審の北山禎介会長(右)から、新しい高等教育機関の創設に関する答申を受け取る馳文科相=30日午前、文科省
画像の拡大

中教審の北山禎介会長(右)から、新しい高等教育機関の創設に関する答申を受け取る馳文科相=30日午前、文科省

 大学の新しい類型が設けられるのは1964年の短期大学の創設以来で、約半世紀ぶり。文科省は17年の通常国会で必要な法改正を目指す。

 専門学校からの転換や既存大学の学部・学科の改組が想定される。すでに辻調理師専門学校を運営する学校法人辻料理学館(大阪市)などが開設の意向を示している。

 答申によると、専門職業大が育成するのは「専門業務を担える実践的な能力とともに、伸びしろを身につけた人材」。定型的な仕事だけでなく新たなアイデアの創出、販路開拓なども担える人材を育てる。

 教育は企業との連携を重視。卒業単位の3~4割は実習や演習とし、学生は企業内実習を2年間で300時間以上履修する。教員は、企業などで5年以上の実務経験を持つ者をおおむね4割以上とすることを義務付ける。大学相当の4年制と短大相当の2、3年制を設け、学位を授与する。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

北山禎介馳浩情報技術

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
15:00
北陸 15:03
14:59
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報