三菱電機元社員に労災認定 入社1年目、長時間労働で適応障害

2016/11/25 21:13
保存
印刷
その他

 三菱電機の社員だった男性(31)が長時間労働によって精神疾患の「適応障害」を発症したとして、藤沢労働基準監督署(神奈川県藤沢市)が労災認定していたことが25日、分かった。代理人弁護士らが都内で記者会見し明らかにした。認定は24日付。会見に同席した男性は「残業時間の過少申告を上司から強要されていた」と主張した。

 弁護士らによると、男性は国立大大学院の博士課程を修了し、2013年4月に三菱電機に入社。同社の情報技術総合研究所(同県鎌倉市)でAV(音響・映像)機器の部品開発などをしていた。入社1年目の14年1月以降、業務量が大幅に増え、残業が月100時間を超えた。労基署は男性が同年4月上旬ごろ、適応障害を発症したと認定した。

 記者会見で男性は、「残業時間が月40時間を超えないように」などとする上司の指示で毎月、残業を少なく申告していたと説明。実際の残業が160時間だった14年2月は59時間と申告したという。上司のパワハラも受けたとしている。

 男性は療養のため14年6月から休み、休職期間を過ぎたとして今年6月に解雇された。

 三菱電機広報部は「過少申告はなかったと認識している。労基署の判断を確認のうえ対応を検討したい」としている。

保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

関連キーワードで検索

三菱電機適応障害長時間労働労災認定

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
23日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:01
北陸 6:03
6:02
近畿 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報