屋上の汚染水、港湾外に流出 福島第1の2号機

2015/2/24付
共有
保存
印刷
その他

 東京電力は24日、福島第1原子力発電所2号機の屋上にたまった汚染水が、長期間にわたり港湾外に流出していたことがわかったと発表した。事故時に屋根に降り積もった粉じんなどが雨が降るたびに排水路を通じて流れ出ていた。流出した放射性物質の総量は不明という。

 東電は、雨水や地下水で薄まるため「海洋への影響は確認されていない」としている。

 福島第1原発1~4号機のうち2号機だけは爆発を逃れたため建屋はそのまま残り、放置されている。東電が今年1~2月に調査したところ、屋上には水がたまり草が生えていた。たまり水の放射性物質の濃度は建屋の搬入口部分の屋上で高く、1リットルあたりセシウム137が2万3千ベクレル、ベータ線を放つ放射性物質が同5万2千ベクレルに達していた。

 2号機からの排水路の海への放水口は汚染防止の水中フェンスや堤防で区切られた港湾の外にある。放水口付近の海水の放射性物質の濃度上昇はこれまでのところ確認されていない。

 東電は、放射性物質を吸着するゼオライトの土のうを排水路に敷き詰めて汚染水の流出を防ぐ対策を取った。2号機の屋上部分は3月末までに清掃し汚染物質を取り除く。

 汚染水問題を巡っては22日、今回とは別の排水路で放射性物質濃度の上昇が確認された。事故の爆発に伴い敷地内に降り積もった放射性物質は除去しきれておらず、排水路を通じて海洋への流出が続いている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京電力福島第1原子力発電所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 17:00
16:52
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:01
中国 7:01
7:01
四国 11:50
7:01
九州
沖縄
6:00
2:12

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報