宮崎駿監督、新作長編を準備 事実上の引退撤回か

2017/2/24 18:04
共有
保存
印刷
その他

宮崎駿監督
画像の拡大

宮崎駿監督

 【ロサンゼルス=共同】約3年半前に長編アニメーション映画の製作から引退を表明した宮崎駿さん(76)が、新作長編の準備に入ったことを、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサー(68)が23日(日本時間24日)、米国のイベントで明らかにした。事実上の引退撤回とみられる。長編復帰を願う声は海外でも根強く、国際的にも大きな反響を呼びそうだ。

 鈴木プロデューサーは、宮崎監督から昨年7月に新作の企画書を、年末に絵コンテを見せられたことを明らかにした上で、「(宮崎監督は)今も一生懸命、東京で作っています」と話した。

 イベントは、ビバリーヒルズで開かれたアカデミー賞長編アニメ賞関連のトークショー。ジブリ作品「レッドタートル」の候補入りで参加した鈴木プロデューサーは絵コンテについて「内容はすごく面白かったけど、面白いと言えば(製作で多忙になり)僕の老後はなくなってしまう」と会場の笑いを誘い、「でも心を鬼にして、僕は本人に向かって『面白い』と言いました」と話すと拍手が起こった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

宮崎駿鈴木敏夫スタジオジブリプロデューサー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:02
6:01
中国 5:55
5:50
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
6:00
24日 21:50

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報