波浪計が爆発、点検の2人死傷 和歌山

2017/2/22 13:10
共有
保存
印刷
その他

 21日午後2時40分ごろ、和歌山市西浜の岸壁で点検中の波浪計が爆発し、内部で作業をしていた日立造船社員の石田俊宏さん(31)が全身にやけどを負って死亡、別の1人も顔をやけどするなどの重傷を負った。

 和歌山県警和歌山西署は、波浪計のバッテリーが爆発した可能性があるとみて詳しい原因を調べている。

 同署や消防によると、石田さんが内部にあるバッテリー室の扉を開けたところ、爆発したという。波浪計の外には国土交通省の職員ら3人がいたが、けがはなかった。

 波浪計は直径約5メートル、高さ約15メートル。同省が和歌山県白浜町の沖合に設置していたが、昨年12月に電源システムに故障があるとして和歌山市内に運ばれ、製造元の日立造船の作業員が21日から点検していた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

石田俊宏波浪計日立造船

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:30
関西 6:02
6:00
中国 6:32
6:28
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
1:31
28日 22:41

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報