ブラジルで黄熱病流行の兆し ワクチン接種呼び掛け

2017/3/21 13:29
共有
保存
印刷
その他

 【リオデジャネイロ=共同】南米ブラジルで昨年末から黄熱病が流行の兆しを見せ、世界保健機関(WHO)は20日、都市部を除くリオデジャネイロ、サンパウロ両州への旅行者にワクチン接種を呼び掛けた。既にバイア州南部とエスピリトサント州への旅行者にも呼び掛けている。リオ州は従来の黄熱病リスク地域には含まれていない。

 ブラジル保健省によると、今月17日までに全国で感染が確認されたのは448例で、うち144人が死亡した。2014年7月から16年12月の感染例は15件だった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

ワクチン接種WHOブラジル

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:03
6:02
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報