がんとの共生、職場でめざす 上がる5年生存率
「2025年」に挑む(5)

2014/11/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 足利銀行(宇都宮市)本店で働く増渕和人さん(46)は9年前、勤務中に意識を失い倒れた。悪性の脳腫瘍。当時支店長代理だった。延べ1年間休職し、抗がん剤治療を受けた。記憶力低下など後遺症が残り、がんに「人生を狂わされた」が、今も治療しながら働き続けている。

■人事部に保健師

 足利銀は人事部に保健師を配置する体制を導入している。大手企業では異例だ。病気の社員のリハビリや復職を支えるのが狙いで、増渕さんも…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:32
5:55
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報