横須賀市長、名刺裏に「割引」記載 公選法違反の疑いも

2017/3/19 23:42
共有
保存
印刷
その他

 神奈川県横須賀市の吉田雄人市長が自身の名刺の裏面に、市内の観光業者に提示すれば料金割引サービスが受けられると記載していたことが19日までに分かった。吉田市長は同日、この名刺の使用を中止したと明らかにした。県選挙管理委員会などは、公選法違反(寄付行為の禁止)の疑いがあるとしている。

 名刺は2種類で、米海軍の艦船などを船上から眺める「YOKOSUKA軍港めぐり」(料金1400円)と、市内の無人島「猿島」への渡船料(1300円)が1割引きとなる。いずれも市内の同じ業者が運航しており、割引分の代金は業者側が負担する。業者によると、利用実績はない。

 吉田市長は観光PRのため業者に協力を求め、2010年末から配布を始めたと証言。これまでに2種類合計で約2600枚を市内外で使用したという。

 吉田市長は09年に初当選し、現在2期目。6月25日の市長選に立候補する意向を示している。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

吉田雄人横須賀市YOKOSUKA軍港めぐり

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 15:14
12:29
北陸 7:01
7:00
関西 7:00
6:59
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
13:25更新
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報