ベランダから逃走か 東京・調布の男性殺害

2017/2/18 1:22
共有
保存
印刷
その他

 東京都調布市の都営アパートの一室で住人の無職、山本一夫さん(89)が殺害された事件で、山本さん宅の1階ベランダの柵に血痕が付着していたことが17日、捜査関係者への取材で分かった。ベランダ下のパイプから足跡も見つかっており、警視庁調布署捜査本部は何者かが山本さんを殺害後、柵を乗り越えて逃走したとみている。

 司法解剖の結果、死因は頭や顔の傷から出た血液が肺に入ったことによる窒息死だった。数十カ所の傷のうち、頭蓋骨を突かれたような傷も数カ所あった。凶器は遺体近くにあった血の付いたハサミとみられる。

 山本さんは事件発生の前日夕、近所の整骨院を訪問していた。院長の女性(30)は「気さくで明るい人。訪問時は普段通りの様子だった」と話した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

殺人捜査山本一夫ベランダ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:05
6:00
関西 6:00
6:00
中国 6:02
6:01
四国 6:03
6:02
九州
沖縄
2:00
1:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報