がん基本計画、厚労省が原案提示 精密検査受診率9割へ

2017/5/17 10:30
共有
保存
印刷
その他

 厚生労働省は17日、がん対策の国の指針となる「第3期がん対策推進基本計画」の原案を有識者会議に提示した。がんを早期発見し、治療につなげていくことを重要な対策の一つに据えた。がん検診で異常が疑われても精密検査を受けない人が多いため、精密検査の受診率を90%とする数値目標を新たに設定した。

 今回の基本計画は2017年度からの6年間が対象。今夏の閣議決定を目指す。

 原案では、がん検診の精密検査の受診率について「本来100%であるべき受診率は、およそ65~85%にとどまっている」と問題視。このため目標数値を90%に設定し、精密検査の重要性を呼びかけていくことにした。

 一方、治療中のがん患者の苦痛を和らげる「緩和ケア」について、原案では「迅速かつ適切なケアが十分に提供されていない」と指摘。これを踏まえ、痛みの管理を徹底することで、「痛みがある」と思う患者を1割以下にしていく目標を掲げた。実現のために拠点病院の「緩和ケアセンター」の機能充実について検討していくことなどを盛り込んだ。

 基本計画は、07年4月に施行したがん対策基本法に基づき政府が作る。同年6月に初めて策定され、拠点病院の整備などが進められてきた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省基本計画癌検診

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 27日 7:01
27日 7:00
東北 27日 7:02
27日 7:01
関東 27日 7:01
27日 7:01
東京 27日 7:01
27日 7:00
信越 27日 7:00
27日 7:00
東海 27日 14:00
27日 7:05
北陸 27日 6:10
27日 6:01
関西 27日 6:02
27日 6:00
中国 27日 6:02
27日 6:00
四国 27日 6:02
27日 6:00
九州
沖縄
1:07
27日 2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報