いじめ訴訟で両親の敗訴確定 岐阜の中2女子自殺

2014/10/17付
共有
保存
印刷
その他

 自殺した岐阜県瑞浪市の市立中学2年の女子生徒(当時14)の両親が、いじめがあったとして同級生側に損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第2小法廷(山本庸幸裁判長)は17日までに両親の上告を退ける決定をし、両親の敗訴が確定した。決定は15日付。

 一、二審判決によると、生徒は2006年10月、自宅で首をつって死亡し、遺書には部活動が一緒だった同級生の女子生徒4人の名前が書かれていた。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

山本庸幸いじめ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 11:22
7:00
東海 14:45
7:05
北陸 7:01
7:01
関西 6:00
6:00
中国 6:32
6:25
四国 6:32
6:25
九州
沖縄
21:06
21:04

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報