速報 > おくやみ > 記事

俳優の渡瀬恒彦氏が死去 「十津川警部」などで活躍

2017/3/16 8:49 (2017/3/16 11:09更新)
共有
保存
印刷
その他

共同

共同

 「十津川警部」シリーズなどのテレビドラマややくざ映画で活躍した俳優の渡瀬恒彦(わたせ・つねひこ)さんが14日午後11時18分、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。72歳だった。告別式は近親者で行う。喪主は妻、い保さん。

 兵庫県出身。1969年、東映に入り70年に映画「殺し屋人別帳」で主役デビュー。「仁義なき戦い」など多くのやくざ映画に出演。78年の映画「事件」で演技派として評価を高め、「おみやさん」などの刑事ドラマでも落ち着きと渋さのある役柄で人気を集めた。映画「セーラー服と機関銃」「南極物語」などにも出演した。

 2015年に胆のうがんが見つかり、闘病していたが復帰。4月スタートのテレビドラマにも出演予定だった。俳優の渡哲也さんは兄。俳優の故大原麗子さんと73年に結婚し、その後離婚した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報