確定申告スタート マイナンバーの記載が義務化

2017/2/16 11:27
共有
保存
印刷
その他

 2016年分の所得税の確定申告の受け付けが16日、全国の税務署などで始まった。給与が2千万円を超えるサラリーマンや給与以外に年間20万円を超える所得がある人、個人事業者などが対象。3月15日まで。一部の税務署では19日と26日の日曜日にも対応する。

確定申告する俳優の高橋英樹さん夫妻(16日午前、東京都港区の品川税務署)=共同
画像の拡大

確定申告する俳優の高橋英樹さん夫妻(16日午前、東京都港区の品川税務署)=共同

 税法の改正で16年分の確定申告からはマイナンバーの記載が義務化となった。本人確認は申告書を税務署などの窓口に持参する場合はマイナンバーカードを提示する。郵送する場合はカード両面のコピーを添付する。

 マイナンバーカードがなく、番号通知のため郵送された「通知カード」がある場合はカードと運転免許証などを提示(郵送の場合はそれぞれのコピーを添付する)。カードがない場合はマイナンバーが記載された住民票などを代わりにできる。

 品川税務署(東京・港)では16日午前、俳優の高橋英樹さん(73)夫妻と娘のフリーアナウンサー、真麻さん(35)がパソコンの「国税電子申告・納税システム(e―Tax)」で申告。英樹さんは「初めてマイナンバーを入力したが、どこに入力すべきか分かりやすかった」などと話した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

高橋英樹確定申告マイナンバー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:30
7:05
北陸 7:01
7:00
関西 13:40
6:02
中国 5:55
5:50
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
16:06
16:02更新

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報