裁判所事務官職をアピール インターン初実施

2017/4/16 18:55
共有
保存
印刷
その他

 あまり知られていない裁判所事務官の仕事を大学生や院生にアピールし、志願者増につなげようと、最高裁は今年度から、事務官業務のインターンシップを始める。裁判員選任手続きや書記官の仕事を体験した上で、選任手続きへの裁判員候補者の出席率を上げる方策や、女性が働きやすい職場づくりなどについてアイデアを出してもらう。

 最高裁によると、大卒向けの事務官採用試験の倍率は低下傾向にある。担当者は「少子高齢化に伴い、人材獲得競争はさらに激しくなりうる。多くの学生に裁判所という職場を知ってもらいたい」と説明している。

 8月21~23日、最高裁と東京地裁で実施。参加は16人を予定し、大学を通じて応募書類を提出した中から最高裁が選考する。詳細は裁判所のホームページへ。

 昨年度始めた家裁調査官のインターンも本年度、札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の各家裁で実施する。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報