自閉症、人工知能が判別 ATRなど 脳のMRI画像から

2016/4/15 11:53
共有
保存
印刷
その他

 国際電気通信基礎技術研究所(ATR)は昭和大などと共同で、コミュニケーションなどに課題がある自閉症の人を、脳の磁気共鳴画像装置(MRI)の画像から見分ける人工知能(AI)技術を開発した。振る舞いからは分かりにくい診断を手助けできる。症状のメカニズム解明にも役立てたいという。

 脳を連続して撮った250枚程度の画像をもとに、脳内を140の領域に分けた。領域同士が連動して働く約1万通りの組み合わせを画像の変化から調べ、そのうち16通りが自閉症スペクトラム障害の人とそうでない人で違っていた。

 人工知能が探し出した新たな判別方法を自閉症の74人とそうでない107人で試すと、85%の正答率で見極めた。

 医師の判断に頼る従来の診断方法では、誤診の可能性もあったという。人工知能の判断を医師が別の物差しとして参考にすれば、診断の精度向上が期待される。

 研究チームは今後、統合失調症やうつ病など脳に関わる他の病気について、人工知能が応用できるかどうかを検討していく。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 24日 15:30
24日 15:00
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 24日 19:29
24日 1:43
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
24日 23:40
24日 21:49

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報