8月お盆の渋滞ピーク 下り11日、上り14日 高速各社が予測

2017/7/14 22:09
共有
保存
印刷
その他

 高速道路各社は14日、お盆期間(8月5~16日)の渋滞予測を発表した。ピークは下りが祝日「山の日」の11日、上りが14日となる見込み。例年下りのピークは13日になることが多いが、昨年から祝日「山の日」となった11日が金曜日になることもあり、利用が集中するとみられる。

 期間中10キロ以上の渋滞は512回と予測。45キロに達する渋滞は、下りでは中央自動車道・相模湖インターチェンジ(神奈川)付近で5、11、12日の朝、東北自動車道・矢板北パーキングエリア(栃木)付近で11日朝、上りでは関越自動車道・高坂サービスエリア(埼玉)付近で14日夕にそれぞれ発生する見通し。

 昨年、10キロ以上の渋滞は事故によるものを含め495回に及んだ。最も長かったのは、東名高速道路上りの大和トンネル(神奈川)付近で8月14日夕に発生した57キロだった。

 各社は混雑緩和のため、渋滞が予測される日程や時間帯を避けた通行を呼び掛けている。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

交通渋滞お盆高速道路渋滞ピーク

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 4:00
0:00
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
22日 8:07
21日 21:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報