「三大死因」の死亡率、過去最低に 青森県が男女ワースト

2017/6/14 20:38
共有
保存
印刷
その他

 がんや心疾患、脳血管疾患の「三大死因」の死亡率が過去最低を更新したことが14日、厚生労働省の「都道府県別年齢調整死亡率の概況」で分かった。死亡者が最も多いがんでは、男性は全都道府県で、女性は41都府県で死亡率が低下した。都道府県別でみると、男女ともに青森県がワーストだった。

 厚労省は「医療技術の進歩や健康志向の高まりなどを背景に、死亡率は年々低下している」と分析した。

 調査は1960年から5年ごとに実施。高齢者が多い地域では死亡率が高くなるため、年齢の偏りを調整した人口10万人当たりの死亡者数「年齢調整死亡率」を用いた。

 2015年の死因別の死亡率は男女ともがんがトップ。男性は165.3人(前回調査比17.1ポイント減)、女性は87.7人(同4.5ポイント減)だった。心疾患の死亡率は男性が65.4人(同8.8ポイント減)、女性が34.2人(同5.5ポイント減)。脳血管疾患は男性が37.8人(同11.7ポイント減)、女性が21.0人(同5.9ポイント減)。いずれも過去最低を更新した。

 がんの死亡率を都道府県別でみると、青森の男性が201.6人、女性が103.0人で男女ともにワースト。2位は男性で秋田、女性で北海道だった。東北地方で比較的死亡率が高いことについて、厚労省は「塩分の多い食習慣などが影響している」とみている。

 一方、男性は長野や滋賀、女性は岡山や長野でそれぞれがんの死亡率が低かった。

 全体の死亡率は、男性が486.0人(同58.3ポイント減)、女性が255.0人(同20.0ポイント減)。都道府県別では、男女ともに青森が最も高く、長野が最も低かった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

厚生労働省年齢調整死亡率死亡率三大死因死因青森県

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 19日 7:01
19日 7:01
東北 19日 7:00
19日 7:00
関東 19日 7:01
19日 7:00
東京 19日 7:01
19日 7:00
信越 19日 7:00
19日 7:00
東海 20日 22:15
20日 6:00
北陸 19日 6:02
19日 6:00
関西 19日 6:00
19日 5:59
中国 19日 7:01
19日 7:01
四国 19日 7:01
19日 7:01
九州
沖縄
20日 6:00
19日 6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報