木嶋被告の死刑確定へ 連続不審死、最高裁が上告棄却

2017/4/14 15:08
共有
保存
印刷
その他

 首都圏で2009年に起きた連続不審死事件で男性3人に対する殺人罪などに問われた土井(旧姓木嶋)佳苗被告(42)の上告審判決で、最高裁第2小法廷(小貫芳信裁判長)は14日、弁護側の上告を棄却した。一、二審の死刑が確定する。

 直接的な証拠はなく、一審・さいたま地裁判決は男性らが死亡直前に被告と会っていたことなど、複数の間接的な証拠をもとに殺人罪の成立を認定。二審・東京高裁も支持した。弁護側は「自殺の可能性がある」などと無罪を主張していた。

 一、二審判決によると、被告は09年1~8月、結婚サイトで知り合った東京と千葉、埼玉の当時41~80歳の男性3人に睡眠薬を飲ませた上で練炭を燃やし、自殺に見せかけて殺害するなどした。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

被告死刑確定最高裁判所さいたま地方裁判所

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:01
7:00
北陸 7:00
7:00
関西 6:03
6:02
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:01
2:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報