熊本地震1年、がれき残る益城町「何も進まない」

2017/4/14 13:19
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 震度7の激震が襲った熊本県益城町。桜が散る街中には壊れた住宅のがれきが手つかずのまま残る。1年がたった14日朝、思うように復興が進まない焦りや、将来の暮らしに不安を訴える住民の声が聞かれた。

 「この辺りは誰も住んでいない。私たちだけです」。3世代以上前から益城町に住む栄田治明さん(79)は、元に戻らない故郷を見て胸を痛める。周囲はほとんど空き家の状態。自宅もなんとか住むことはできるが、修復は終わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップ

関連キーワードで検索

坂井なつみ田治明村上正孝吉本義則

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 14:00
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 6:00
6:00
中国 7:01
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
1:31
1:30

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報