囲碁AIにプロ棋士が初勝利 1勝3敗に

2016/3/13 17:56 (2016/3/13 20:09更新)
保存
印刷
その他

 【ソウル=山川公生】米グーグルが開発した囲碁の人工知能(AI)「アルファ碁」と、世界トップ級のプロ棋士である韓国の李世●(石の下に乙、イ・セドル)九段との5局勝負の第4局が13日、ソウルのホテルで打たれ、李九段が初勝利を挙げた。対戦成績はアルファ碁の3勝1敗。すでにシリーズの勝敗は決まっているが、李九段が一矢を報いた。

 対局後の記者会見で李九段は「1勝がこれほどうれしい対局は初めて」と安堵の表情を見せ、「これでプレッシャーなく戦えるので最終局も勝ちたい」と語った。

 アルファ碁は1~3局と同じく序盤から優位になったが、中盤の戦いの中で李九段に好手が出ると途端に崩れ、疑問手を連発して形勢を損ねた。対局開始から4時間半後、アルファ碁は勝てる確率が低いと判断し、自ら投了した。

 これまでトッププロを圧倒する実力を見せてきたアルファ碁だが、劣勢に陥ると局面を打開しようとして奇妙な手を重ねるという、従来の囲碁ソフトと共通する弱点を露呈した。開発したデミス・ハサビス氏は「アルファ碁の課題がわかってよかった」と述べた。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワード

イ・セドルグーグル囲碁AI

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報