「フランク三浦」の商標認める 知財高裁「区別できる」

2016/4/13 12:56
共有
保存
印刷
その他

 スイスの高級時計ブランド「フランク・ミュラー」を連想させる腕時計「フランク三浦」の製造販売会社(大阪市)が、商標を無効とした特許庁の審決を取り消すよう求めた訴訟で、知的財産高裁は13日までに、商標は有効と認める判決を言い渡した。

 鶴岡稔彦裁判長は「全体の語感が似て紛らわしいが、外見などが異なり、明確に区別できる」と述べた。

 また、100万円を超える商品も多いフランク・ミュラーに対して、フランク三浦の価格が4千~6千円であることや、「三浦」のブランド名が日本と関係する人物を連想させることを挙げ、「両者が混同される恐れがあるとは認められない」と指摘した。

 判決によると、フランク三浦は2012年に商標登録された。特許庁は昨年9月、フランク・ミュラー側の請求にもとづいて登録を無効としていた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

フランク・ミュラー三浦

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:00
中国 6:02
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:03
2:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報