一度に98人分のチケット購入 高額転売容疑の男

2017/5/13 0:27
共有
保存
印刷
その他

 人気グループが出演するコンサートのチケットを転売目的で購入したとして男が逮捕された事件で、男はコンビニエンスストアで一度に98枚のチケットを買っていたことが12日、警視庁への取材で分かった。男はファンクラブ会員向けの先行予約の仕組みを悪用。チケットはインターネットの仲介サイトで高額転売し、3年間で総額約2千万円の収入を得たという。

 東京都迷惑防止条例違反(ダフ屋行為)の疑いで逮捕されたのは東京都調布市菊野台1の洋服店店員、池田有佑容疑者(23)。同庁生活安全特別捜査隊によると、「転売目的ではなく、良い席でライブを見たくて大量に買った」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年6月20日未明、調布市内のコンビニで8回にわたり、人気男性グループ「EXILE(エグザイル)」などが出演する同9月開催のコンサートのチケット98枚を、転売目的で計約130万円で購入した疑い。

 同隊によると、コンサート当日に会場近くでチケットの受け渡しをする女性らを警備員が見つけて110番通報。チケットは池田容疑者が購入したと判明したという。

 池田容疑者はEXILEのファンクラブに48口分加入し、会員向けの先行予約枠を利用してチケットを大量に買い集めていた。ファンクラブは1人で何口も加入できる仕組み。同容疑者は年間で計約20万円の会費を支払っていたという。

 チケットは仲介サイトに出品。約1万3千円の定価に対し、10万円程度の値を付けるなどして転売していた。2014年7月から17年1月までにサイト運営業者から同容疑者の口座に計約2千万円が振り込まれており、同隊は高額転売を繰り返していたとみている。

 都迷惑防止条例は路上や駅、コンビニなど「公共の場所」でのチケット売買をダフ屋行為として禁止している。ただネット空間は公共の場所にはあたらず、同条例の適用外とされる。

 一方で池田容疑者はコンビニで大量にチケットを購入し、実際にサイトで売却していた。同隊はコンビニでチケットを購入した行為が転売目的で、同条例に抵触するとして摘発した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 12:30
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 6:02
6:00
関西 6:32
5:58
中国 7:02
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
2:00
1:31

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報