フィギュア

最後に涙…「笑顔で前に」 浅田真央さん一問一答

(1/2ページ)
2017/4/12 15:55
共有
保存
印刷
その他

 フィギュアスケート女子の五輪銀メダリスト、浅田真央さん(26)は12日午前、東京都内のホテルで記者会見を開き、引退を発表した。会見を終える直前、あふれ出しそうな涙をこらえ、「笑顔で新たな人生を見つけて前に進んでいきたいと思っています」と語った。引退会見の主な発言は以下の通り。

「2日前にホームページでお知らせしましたが、浅田真央は選手生活を終えることを決めました。長い選手生活、たくさん山がありました。乗り越えられたのは支えてくれたファンのおかげです。今日は感謝の気持ちを皆さんにお伝えできればと思います」

 ――今の心境は。

 「この場に立って、これだけのたくさんの方がいらしてくれてびっくりした。今の気持ちは落ち着いている」

 ――引退を決めた際に印象に残った周囲の言葉は。

 「皆さん『お疲れさま』と言葉をかけてくれた。私も『選手生活を終えるんだな』という気持ちになった。今はすごく晴れやかな気持ち」

 ――引退の理由は。

 「(2015年10月に)復帰してからいい形でスタートできたが、そこから練習するにつれて、試合に出るにつれて、復帰前よりつらいことが多くなった。今のスケート界はすごいので、私自身『ついていけるのかな』という思いが強くなった。気持ちや体の部分も復帰前よりつらかった」

 「復帰したシーズンは乗り切れたけど、2シーズン目は『なんとか頑張ろう』という思いだけでやってきた。でも最後(昨年12月)の全日本選手権で『もういいんじゃないかな』と思った。(18年の)平昌五輪に出る目標があったので、やりとげなきゃと思っていた。自分が言ったことは今までやり通してきたので葛藤はあった」

 ――最終的に引退を決断したのは。

 「全日本選手権が終わって(12位という)結果が出たとき、『終わったんだな』って。でも(平昌五輪まで)『やらなきゃいけないんじゃないかな』と思ってここまで(引退が)延びてしまった」

 ――現役生活で一番楽しかったことは。

 「フィギュアスケートには技がたくさんあるんだけど、一つずつできるのが楽しかった」

 ――つらかったことは。

 「ない。自分がやりたいことをやってきた道。つらいことはなかった」

 ――(10年の)バンクーバー五輪の思い出はあるか。

 「バンクーバー五輪の時は19歳。すごく若くて本当に気が強くて、強い気持ちだけで乗り切った気がする」

 ――(14年の)ソチ五輪では日本中に感動を与えた。振り返った感想は。

 「ソチ五輪はショートが残念な結果だった。すごくつらい気持ちだったが、フリーを最高の演技で終えることができた。バンクーバーからソチまでの4年間の気持ちを出し切った」

 ――印象に残る試合は。

 「ソチ五輪後の世界選手権。スケート人生の全てをぶつけた」

 ――最も印象的な演技は。

 「一つは難しいけど、やっぱりソチ五輪のフリーかなと思う。あれだけの挽回の演技が五輪でできたことが大きかった」

 ――2人のコーチに指導を受けてきた。

 「山田満知子先生は小さいころに指導を受け、スケートの楽しさや挑戦する楽しさを教えてもらった。その一方でスケートだけでなく、いろいろなことを教えていただいた先生。佐藤信夫コーチは大人になってから指導を受けるようになり、自分の意思もすごく強いので先生といろいろな話し合いの機会も多かったけど、それを静かに見守ってくれていた先生だった」

 ――15年に復帰してからの2年間の意味は。

 「ソチ五輪シーズンの世界選手権で引退していたら、今も『まだできたんじゃないかな』と思っていたと思う。でも自分が望んでチャレンジして出した結果なので今はやり残したことはない。『チャレンジできて良かった』と思っている」

 ――フィギュアスケートに今後どう関わるか。

 「5歳でフィギュアスケートを始めてずっとお世話になってきた。どんな形であってもフィギュアスケートに恩返しできるように頑張っていきたい」

 ――日本フィギュア界に送るエールは。

 「引退された大先輩をはじめ、(私も)これまで本当にスケート界を引っ張ってこれたかなと思う。これからは若い選手がどんどん出てきているので、若いパワーでフィギュアスケート界を引っ張っていってほしい」

 ――自身にとってフィギュアスケートはどんな存在か。

 「どんな存在かな。難しい。一言でいうと人生かなと思う」

 ――自分を褒めたいところは。

 「私ははまってしまったらすごくはまるんだけど、すぐに飽きちゃう性格。でもスケートは5歳から続けてきた。『長い間すごいね、続けてこられたね』と言いたい」

 ――どんなスケート人生だったか。

 「私の全てがスケートなので、本当に人生」

 ――ファンには何と声をかけたいか。

 「たくさんのファンの方が長い間、良いときも悪いときも応援してくれた。私の励みやパワーになった。本当に感謝している。ありがとうございました」

 ――演技で「ノーミス」にこだわり続けた意図は。

 「みんな試合に向けて練習しているからミスをしたくないと思うけど、私は試合に強いタイプではないのであえて言っていたと思う」

 ――代名詞のトリプルアクセルへの思いは。

 「伊藤みどりさんのようなトリプルアクセルを跳びたいと思ってその夢を追ってやってきた。跳べたときはうれしかったし自分の強さでもあったが、反面、悩まされることも多かった」

 ――ここまで競技生活を続けてきた支えは。

「一つは自分の目標。あとは、やっぱりたくさんの方に支えられて、たくさんの方の応援があったからだと思う」

 ――世界選手権で日本女子が取った平昌五輪の枠は2つ。前回の3から減った。

 「平昌五輪に出る目標があって『それをやめて引退する自分を許せるのかな』と迷っていた。最後に話し合いをして決めたのが2月。(3~4月開催の)世界選手権は関係ない。(枠が減るのは)残念だけど、たくさんの選手がハイレベルな試合を見せてくれると思う」

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュア 一覧

引退を表明し、エキシビションで本田真凜(右)から花束を受け取る村上佳菜子(23日、国立代々木競技場)=共同

 フィギュアスケート女子で中京大を今春卒業した2014年ソチ冬季五輪代表の村上佳菜子選手(22)が23日、現役引退を表明した。東京・国立代々木競技場で行われた世界国別対抗戦のエキシビションにゲスト出演 …続き (23日 19:56)

フィギュアスケートの世界国別対抗戦で優勝し、笑顔で記念写真に納まる日本チーム(22日、東京・代々木競技場)=山本博文撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子フリーで四大陸選手権女王の17歳、三原舞依(神戸ポートアイランドク)が世界歴代4位となる日本歴代最高の146.1 …続き (22日 19:49)

女子フリーで演技する三原舞依(22日、東京・国立代々木競技場)

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦最終日は22日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子フリーで三原舞依(神戸ポートアイランドク)が2位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が3位となり、日本が3大会ぶり …続き (22日 18:58)

ハイライト・スポーツ

[PR]