ビットコイン 横領否認 取引所社長、初公判で無罪主張
「自分が罪に問われたのは想定外」

2017/7/11 22:07
共有
保存
印刷
その他

 仮想通貨ビットコインが大量に消失したとされる事件で、業務上横領などの罪に問われた取引所「マウントゴックス」の運営会社(破産手続き中)社長、マルク・カルプレス被告(32)の公判が11日、東京地裁(入江猛裁判長)で始まった。閉廷後に記者会見した同被告は「自分が罪に問われたのは想定外。ビットコインがどう消失したのか解明したい」と語った。

初公判後、記者会見に臨むビットコイン取引所「マウントゴックス」社長のカルプレス被告(右)(11日午後、東京・霞が関)
画像の拡大

初公判後、記者会見に臨むビットコイン取引所「マウントゴックス」社長のカルプレス被告(右)(11日午後、東京・霞が関)

 カルプレス被告は記者会見で、消失した原因について外部からのハッキングだったと改めて強調。「当時はセキュリティーの技術が足りなかった」と述べ、「責任者として顧客におわびしたい」と謝罪した。

 消失したビットコインについては「管財人から依頼されたビットコイン関連の米国調査会社が盗まれた経緯を把握している」と説明。「自分も技術者として調査に協力していく」と話したものの、現時点では情報が限られているとした。

 公判では弁護側が冒頭陳述で、運営会社の売上額が過少に算定されているとし、「横領とされた送金は売上額の範囲内にとどまり、顧客資金に手を付けたわけではない」と指摘。現金残高の水増しについては「現金とビットコインを交換する事務処理の一部で、違法性はない」と反論した。

 検察側は「着服した顧客資金を別会社の事業買収や生活費、約600万円の特注ベッド購入に充てた」と主張している。

 マウントゴックスの運営会社「MTGOX」は14年2月に経営破綻し、保有する約85万ビットコイン(当時のレートで約480億円相当)と現金約28億円が消失したと発表した。その後、約20万ビットコインは残っていたと訂正した。

 起訴状によると、被告は2013年9~12月、顧客の資金を管理していた口座から外部の口座などに計約3億4千万円を送金し、着服したとされる。取引システムのデータを改ざんして現金残高約3千万ドルを水増ししたとして、私電磁的記録不正作出・同供用罪にも問われている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 7:05
7:01
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
6:02
6:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報