賭けマージャン問題、福岡・飯塚市長辞職へ

2017/1/11 22:01
共有
保存
印刷
その他

 福岡県飯塚市の斉藤守史市長(68)は11日、賭けマージャン問題で市政を混乱させた責任を取り、田中秀哲副市長(69)とともに31日付で辞職する意向を明らかにした。斉藤市長は辞職願を市議会議長に提出した。

 斉藤市長は「市政を停滞させるわけにはいかず、一日も早く事態を収拾するために身を引くことにした」と述べた。

 昨年12月、斉藤市長と田中副市長が平日の日中に市庁舎を離れ、賭けマージャンをしていたことが発覚。その後の記者会見で「賭けなかったらマージャンをする人がどれくらいになるだろうか」などと開き直りとも取れる発言をした。市には辞職を求める電話やメールなどが相次ぎ、今月11日までに千件を超えた。

 市議会議長は11日に斉藤市長の辞職を市選管に通知。公選法に基づき3月2日までに市長選が行われる。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

斉藤守史田中秀哲飯塚市

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:01
7:00
信越 7:01
7:01
東海 12:55
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 6:00
5:59
四国 6:00
5:58
九州
沖縄
12:02
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報