住民情報盗み見、女性宅侵入 容疑の中野区元臨時職員逮捕

2017/1/11 21:59
保存
印刷
その他

 東京都中野区役所で勤務中に住民情報システムに接続し、個人情報を盗み見て女性宅に侵入したとして、警視庁捜査1課は11日、元中野区役所臨時職員、高橋健一郎被告(29)=強制わいせつ罪などで起訴=を区個人情報保護条例違反と住居侵入の疑いで再逮捕した。同課によると、黙秘している。

 捜査1課は高橋容疑者の自宅から、同区在住の女性の氏名や住所など数十人分の個人情報が書かれたメモなどを押収した。同課は、盗み見た情報を悪用して女性宅への侵入を繰り返していたとみて調べている。

 再逮捕容疑は戸籍を扱う部署に勤務していた2014~16年、3回にわたり、住民情報システムで20代女性1人の個人情報を閲覧するとともに女性のマンションのベランダに侵入した疑い。干してあった下着を撮影したという。

 同課などによると、高橋容疑者は住居表示の破損点検などの調査を担当し、住民の氏名や住所、生年月日を閲覧できるシステムを利用できる立場にあった。

 高橋容疑者は16年7月以降、女性5人の自宅に侵入してわいせつな行為をしたなどとして逮捕された。うち女性3人について個人情報が盗み見られた形跡があったという。

 同区は「区民の皆様に多大な迷惑をかけ、心からおわび申しあげる。事実関係を調査し、厳正に対応する」とコメントしている。

保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

東京高橋健一郎警視庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 9:39
7:01
北陸 6:00
6:00
近畿 6:02
6:00
中国 6:00
6:00
四国 6:02
6:00
九州
沖縄
2:02
2:01

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報