コンピューター将棋、プロ挑戦「目標達成」 学会が終了宣言

2015/10/11付
共有
保存
印刷
その他

 将棋のトップ棋士にコンピューターが勝つことを目指して2010年に始まった対局プロジェクトについて、情報処理学会は11日、「事実上の目標を達成した」として、終了を宣言した。

 学会は複数のタイトルを数年にわたって保持したトップ棋士との公式対戦を想定したが、実現しなかった。10年には複数の対局ソフトを組み合わせたシステムが当時の清水市代女流王将に勝利。学会は「(実力が)トップ棋士に追い付いてきており、たくさん対局すると統計的に勝ち越す可能性が高い」と分析する。

 プロ棋士とコンピューターの対戦の場は、ソフトの弱点を突いた人間の勝利が話題となった「電王戦」など他にもある。機械と人間の戦いはまだ続きそうだ。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

吉村敬介コンピューター清水市代プロ棋士

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 18:01
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 21:29
21:27
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:32
中国 7:01
7:01
四国 12:30
7:01
九州
沖縄
21:37
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報