初期の江戸城は堅守の要塞 最古級の絵図発見

2017/2/8 22:02
共有
保存
印刷
その他

 徳川家康が築いた初期江戸城の天守を詳細に描いた最古級の絵図が見つかったと8日、松江歴史館(松江市)が発表した。江戸城の天守は家康の没後2度建て替えられ、初期の実態はこれまで不明だった。絵図からは現存する姫路城と同様、大小の天守が連結し強い防衛力を発揮する要塞としてのさまがうかがえるという。

「極秘諸国城図」の「江戸始図」(松江歴史館蔵)
画像の拡大

「極秘諸国城図」の「江戸始図」(松江歴史館蔵)

 絵図を調べた奈良大の千田嘉博教授(城郭考古学)は「家康が豊臣氏との決戦に備え、強力な防衛機能を持つ要塞として築いたことがよく分かる。平和な時代が到来すると、戦いの機能は重視されなくなったのだろう」とみている。

 絵図は江戸期に制作され、現在は松江歴史館が所蔵する「極秘諸国城図」収録の「江戸始図(えどはじめず)」。各地の城郭を描いた絵図集で、図中に登場する大名や旗本の官職名から1607~09年の江戸城を描いたと推定した。

 縦27.6センチ、横40センチの江戸始図は、江戸城の石垣や堀、出入り口など城郭の平面構造を詳細に描写。本丸の堀に面した石垣の上には大天守と2つの小天守が多聞櫓(やぐら)と呼ばれる長い櫓で連結されている。巨大な要塞として機能するさまが見て取れ、大天守と3つの小天守が連結する姫路城に類似した構造だったことが判明した。

 本丸の出入り口には、枡形(ますがた)と呼ばれる侵入した敵を攻撃するための方形の空間が5つ、連続して設けられていた。攻め込んで来る敵の勢いを止め、多方向からの攻撃が可能で、熊本城のようなつくりと分かった。松江歴史館は「江戸城は、姫路城と熊本城の優れた部分を合わせた最強の城だった」と分析している。

 江戸城の天守は2代秀忠と3代家光が建て替えたが、57年の明暦の大火で焼失した後は再建されなかった。家康の江戸城を描いた絵図もあるが本丸の詳細は不明だった。

 江戸始図は17日から3月15日まで松江歴史館で公開される。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

徳川家康千田嘉博江戸始松江歴史館江戸城奈良大学

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:01
東北 12:10
1:16
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:00
22日 7:00
東海 13:00
23日 23:30
北陸 22日 7:00
22日 7:00
関西 22日 7:01
22日 7:01
中国 22日 7:00
22日 7:00
四国 22日 7:01
22日 7:00
九州
沖縄
6:00
23日 6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報