森友問題、「特例」発言は財務省室長 理財局長認める

2017/5/8 13:03
共有
保存
印刷
その他

 財務省の佐川宣寿理財局長は8日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典前理事長が録音したとされる音声データで学園との定期借地契約を「特例」と発言していた人物が同省の田村嘉啓・国有財産審理室長であると認めた。

 佐川局長によると、田村氏本人に確認したところ、録音内容は昨年3月に籠池氏夫妻と面会した際のやりとりと認めた。

 田村氏は詳しい発言内容は「籠池氏夫妻から一方的に話され、記憶に残っていない」と説明。「法令にのっとって対応した」と問題はなかったとの見解を示したという。

 問題の音声データは籠池氏が先月28日に民進党が開いたヒアリングで公開。田村氏とされる人物が「(国有地の貸し付けは)特例だった」と説明していた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

籠池泰典佐川宣寿田村嘉啓森友学園特例理財局財務省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 11:40
11:14
北陸 6:02
6:00
関西 6:00
5:59
中国 7:01
7:01
四国 7:01
7:01
九州
沖縄
6:01
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報