重量挙げ

苦難に耐えた三宅、2大会連続メダルの重み

2016/8/7 11:16
共有
保存
印刷
その他

女子48キロ級 ジャークで107キロを挙げる三宅宏実。2大会連続となるメダル獲得を果たした(6日、リオデジャネイロ)=共同

女子48キロ級 ジャークで107キロを挙げる三宅宏実。2大会連続となるメダル獲得を果たした(6日、リオデジャネイロ)=共同

 耐えに耐えてつかんだメダル――。リオデジャネイロ五輪重量挙げ女子48キロ級で三宅宏実選手(30)が銅メダルに輝き、ロンドン五輪の銀に続く2大会連続のメダルを獲得した。ジャークの2回目の試技を「反則」と判定され、もう失敗が許されない最後の試技で見事に成功。両手を高く突き上げ、喜びを爆発させた。

 試合後、三宅選手は「前回とは年齢が違うので(メダルの)重みが全然違う。色は銅でも一番うれしい。この日のために4年間積み重ねてきた」と振り返り、「(メダルを懸けたジャークの)最後は失敗したら日本に帰れないと思って集中して挙げた」と話した。

 表彰式では銅メダルを首にかけられ、満面の笑みを浮かべた。観客席からの声援に、メダルを向けながら「ありがとう」と応えた。

 五輪前から苦難の道のりが続いた。3月ごろに腰を痛め、五輪に臨むまで満足な調整ができなかった。本番でも苦戦。前半のスナッチと後半のジャークはいずれも最後の3回目の試技で成功した。ジャークを成功させた際は「やったー」と叫び、下ろした直後にはバーベルをなでて喜びを表現した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

重量挙げ 一覧

 【ロンドン=共同】国際重量挙げ連盟(IWF)は24日、2008年北京五輪のドーピング検査の検体を国際オリンピック委員会(IOC)が再検査した結果、メダリスト11人を含む15人が禁止薬物に陽性反応を示 …続き (24日 20:52)

 【リオデジャネイロ=共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は21日、重量挙げ男子56キロ級に出場した19歳のチャグナードルジ・ウスクバヤル(モンゴル)が筋肉増強効果のあるテストステロンに陽性反応を示した …続き (22日 7:38)

 【リオデジャネイロ=共同】リオデジャネイロ五輪の大会組織委員会は19日、重量挙げ男子69キロ級で3位のイザット・アルティコフ(キルギス)がドーピング違反で失格になったために4位以下の順位を繰り上げ、 …続き (20日 20:53)

国旗パラリンピック
  • 金

    0

  • 銀

    10

  • 銅

    14

国旗オリンピックTotal / 41
  • 金

    12

  • 銀

    8

  • 銅

    21