デング熱、神宮外苑か外濠公園で感染か 都内の男性

2014/9/6付
共有
保存
印刷
その他

 デング熱の国内感染が相次いでいる問題で、厚生労働省は6日、代々木公園(東京都渋谷区)周辺を訪れたことがなく、最近の海外渡航歴もない都内の60代男性がデング熱に感染していることを確認したと発表した。男性は8月下旬、明治神宮外苑(新宿区、港区)と外濠公園(千代田区)を訪れ、蚊に刺されており、いずれかで感染した可能性があるという。

 代々木公園周辺以外での国内感染が確認されたのは、新宿中央公園(新宿区)を訪れた埼玉県の30代男性に続き2人目。厚労省などによると、国内感染者は6日までに14都道府県で計74人になった。

 厚労省によると、60代男性の容体は安定している。男性から検出されたウイルスの遺伝子配列は代々木公園周辺での感染者のものと一致した。明治神宮外苑は代々木公園からJR山手線をはさんで東へ約1.5キロで、一角に神宮球場がある。外濠公園はJR飯田橋駅付近から四ツ谷駅付近までの約2キロにわたる。

 厚労省は6日、感染源となっている代々木公園のある渋谷区に加え、周囲の目黒区や世田谷区など計7区の主な公園で、生息する蚊のデングウイルスの保有状況を調べることを決めた。同日は渋谷区の宮下公園、港区の有栖川宮記念公園、中野区の杉山公園で蚊を捕らえた。デング熱のウイルスが確認されれば、園内の蚊を駆除する。

 厚労省は今後、既に感染が確認されている患者がウイルスを体内に保持している時期に別の場所で蚊に刺されていないかを改めて調べるほか、23区にある主な公園で蚊に刺されないよう注意喚起する看板を設置するなどの対策も取る。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

代々木公園厚生労働省公園厚労省

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:01
7:00
関東 7:01
7:01
東京 21:21
7:00
信越 7:01
7:00
東海 16:00
7:05
北陸 6:32
6:25
関西 6:00
6:00
中国 15:02
6:03
四国 6:02
6:01
九州
沖縄
22:07
22:06

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報