賃金不払い許さない! ブラック企業の労働問題啓発

2015/11/6 11:13
共有
保存
印刷
その他

 15分単位での時給の切り捨て計算など、あらゆる賃金不払いをなくそうと、労働問題に詳しい弁護士らが「NO MORE 賃金泥棒」プロジェクトを立ち上げた。労働基準法の正しい知識の啓発や労働相談、ウェブでのアンケートによる実態調査に取り組む。

 呼び掛け人は、ブラック企業被害対策弁護団の佐々木亮代表、労働組合「首都圏青年ユニオン」の神部紅委員長、日本民主青年同盟の田中悠中央委員長。

 プロジェクトによると、賃金計算は本来1分単位だが、コンビニなどでは15分単位で端数を切り捨てる方法が横行。制服への着替えなど準備にかかる時間にも賃金は発生するのに、着替えた後にタイムカードを打たせる例も後を絶たない。「アルバイトに行くたびに損をする」(神部さん)ことになり、積み重なるとかなりの金額になる。

 労組による団体交渉でこうした運用を改めさせたケースも多い。プロジェクトは既に、時計のかぶり物をした人物が踊り回る啓発動画も動画サイト「ユーチューブ」に公開。ツイッターでも情報を発信している。プロジェクト名で検索すればアクセスできる。

 神部さんは「具体的な事例を集めて告発もしたい」と意気込んでいる。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

神部紅川村敦佐々木亮賃金不払い

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報