速報 > おくやみ > 記事

作家の三浦朱門氏が死去 元文化庁長官

2017/2/5 0:36
共有
保存
印刷
その他

三浦朱門氏

三浦朱門氏

 「箱庭」や「武蔵野インディアン」などの作品で知られる作家で、元文化庁長官の三浦朱門(みうら・しゅもん)氏が3日、死去した。91歳だった。妻は作家の曽野綾子さん。

 東京都生まれ。遠藤周作や吉行淳之介らとともに「第三の新人」と呼ばれる作家の一人として文壇で活躍した。1967年に「箱庭」で新潮社文学賞、83年に「武蔵野インディアン」で芸術選奨文部大臣賞、87年に日本芸術院賞・恩賜賞を受賞。エッセーでも「結婚なんかおやめなさい」などのベストセラーを生んだ。

 同人誌で知り合った曽野さんと53年に結婚。ともにカトリック教徒で、おしどり夫婦として知られた。

 教育・文化行政にも力を注ぎ、85年から1年半近く、民間人としては2人目の文化庁長官を務めた。96年に教育課程審議会会長に就任し「ゆとり教育」の道筋をつけた。99年文化功労者。日本芸術院院長や日本文芸家協会理事長、日本芸術文化振興会会長なども歴任した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報