15年の交通事故死、80代前半が最多 5歳ごとに初集計

2016/3/3 23:14
共有
保存
印刷
その他

 警察庁は3日、昨年1年間の交通死亡事故の分析結果を公表し、80~84歳の死者が全年齢層で最多となる539人(前年比41人増)に上ったと明らかにした。続いて75~79歳の520人(30人増)で、高齢者が犠牲になっている実態が浮き彫りになった。死者の合計は前年より4人増えて、4117人だった。

 今回から、85歳以上までの全年齢層を5歳ごとに集計した。人口10万人当たりの年齢層別の死者数でも、80~84歳が11.07人で最も多かった。全年齢層の平均は3.24人だった。

 80歳代前半の死者は歩行中に犠牲になる事故が一番多く、287人(11人増)で、続いて自動車乗車中の147人(16人増)だった。警察庁の担当者は「結果を今後の対策に生かしたい」と話している。〔共同〕

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

交通事故警察庁

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 24日 7:01
24日 7:00
東北 24日 7:01
24日 7:00
関東 24日 7:01
24日 7:01
東京 24日 7:00
24日 7:00
信越 24日 7:00
24日 7:00
東海 24日 15:35
24日 7:05
北陸 24日 6:05
24日 6:00
関西 24日 6:05
24日 6:02
中国 24日 5:55
24日 5:50
四国 24日 6:05
24日 6:03
九州
沖縄
1:27
24日 6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報