日銀総裁「保有国債の時価、21兆円減少」 長期金利1%上昇で

2016/2/24 19:19
共有
保存
印刷
その他

 日銀の黒田東彦総裁は24日、衆院の財務金融委員会で長期金利の指標である10年物国債の利回りが年1%上昇するなどして価格が下落した場合、日銀が保有する長期国債の時価は「21兆円減少する」と発言した。2015年12月末時点で試算した。

 民主党の原口一博議員の質問への答弁。同9月末時点では減少額は17兆円だった。ただ、日銀は決算で国債を時価評価していないため、「長期金利が仮に上昇しても、評価損失が計上されることはない」と述べた。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

黒田東彦日銀原口一博

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 22日 7:01
22日 7:00
東北 22日 7:00
22日 7:00
関東 22日 7:01
22日 7:00
東京 22日 7:01
22日 7:00
信越 22日 7:01
22日 7:01
東海 15:30
15:00
北陸 22日 7:01
22日 7:00
関西 19:29
1:43
中国 22日 6:02
22日 6:01
四国 22日 6:02
22日 6:01
九州
沖縄
17:45更新
15:56

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報