1~6月経常収支、5075億円の赤字 上半期では初

2014/8/8付
共有
保存
印刷
その他

 財務省が8日発表した2014年上半期(1~6月)の国際収支速報によると、モノやサービスなど海外との総合的な取引状況を表す経常収支は5075億円の赤字となった。半期ベースでの赤字は13年下半期から2期連続で、上半期だけでみると比較可能な統計がある1985年以降で初めて。火力発電燃料などの輸入額が増えた一方で企業の輸出は伸び悩んでおり、貿易赤字が6兆円に膨らんだことが響いた。

 昨年1~6月の経常収支は3兆3131億円の黒字だった。7~12月は788億円の赤字に転落した。旧統計も含めると1~6月が経常赤字になるのは、第2次石油ショックで原油の輸入価格などが高騰した81年以来だ。6月単月の経常収支も5カ月ぶりに赤字となった。

 経常収支が大幅に悪化したのは、貿易赤字が膨らんでいるためだ。1~6月の貿易収支は6兆1124億円の赤字となった。赤字額は前年同期に比べ78%増え、比較可能な統計がある96年以降で最大だ。

 輸入額は41兆8752億円と前年同期比14.7%増えた。原子力発電所の稼働停止によって火力発電に使う液化天然ガス(LNG)などの燃料輸入が膨らんでいるほか、電子部品などの輸入も高水準だ。1~6月の平均為替相場は1ドル=102.45円と、前年同期に比べ約7円の円安水準となり、輸入コストを押し上げた。

 輸入を単月でみると、5月は消費増税の影響などで前年同月に比べて微減となったが、6月は13.9%増と再び伸びた。消費増税による個人消費の落ち込みが収まりつつあるとみた企業が、輸入を増やした可能性がある。

 一方で輸出は伸び悩んでいる。1~6月は35兆7627億円と前年同期比で8.1%増となった。単月でみると今年2月までは伸び率が前年同月比で10%を超えていたが、3月以降は一桁台に下がっている。6月も6兆1153億円と4.4%増にとどまった。

 旅行や輸送などのサービス収支は1~6月に1兆5780億円の赤字となった。外国からの訪日客が増えて旅行収支は改善したものの、サービス収支全体の赤字額は前年同期比で1418億円増えた。

 海外からの配当金などの動向を示す第一次所得収支は、1~6月は8兆3226億円の黒字だった。黒字額は前年同期に比べ4.2%少ない。6月単月では4182億円の黒字を維持したが、黒字額は3カ月連続で前年同月の実績を割り込んだ。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

関連キーワードで検索

赤字LNG

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:00
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:01
東京 7:00
25日 7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:00
北陸 7:01
7:00
関西 7:01
6:02
中国 7:02
7:01
四国 7:02
7:01
九州
沖縄
2:00
25日 21:39

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報